花粉症の時期には予防と治療を!

花粉症とは

花粉症,時期,対策,予防

花粉症とは、花粉が原因となって起こる不快な症状のことを言います。

 

主に顔の目・鼻周辺の不快感が常にあることで、時には日常生活に支障をきたすこともあります。

 

これらは、花粉が鼻などの粘膜に付着して、アレルギーを起こしていることで、この花粉の季節が過ぎると、まったく不快な症状が出ないのが大きな特徴です。

 

要するに、花粉症とは一種の季節病のようなものと捉えることができます。

 

人によって、どの植物の花粉で症状が出る?ということはいろいろですが、耳鼻科に行くと、自分がどんな花粉に反応をするかがわかります。

 

こうしたことを踏まえて、花粉症かな?という方は早めに受診をして、自分が花粉症かどうかを確認することをオススメします。

 

そのことにより、予防と対策を練ることができ、嫌な花粉症の症状を少しでも抑えることができます。

 

花粉の季節になると憂うつという方は、ぜひ正しい診断を受けて、自分はどの花粉による、花粉症なのかを確認してみてください。
毎年、花粉症に悩まされている方は増加していると言われています。

 

もちろんさまざまな薬も開発されていますが、なかなかこれといった特効薬がないのが現状です。

 

ですから、自分ですこしでも防止や改善ができる方法を見つけることが良いでしょう。

 

毎年花粉症にお困りの方には色んなページで予防、対策を紹介していますので知識をつけていただければ幸いです。


スポンサードリンク

花粉症になりやすい人

スポンサードリンク

花粉症になりやすい人の限定はできませんが、ある程度の条件が揃っている場合、そのリスクは大きくなると言われています。

 

まずは当たり前のことですが、花粉が飛んでいるところに住んでいる方。

 

花粉症というと、スギ花粉が有名ですが、その方がスギ花粉のないところに住んでいる場合、まったく花粉症の症状が出ないことになります。

 

関東にお住まいのひどい花粉症の方が、お仕事の都合で北海道に引越したところ、嘘のように花粉症の症状がまったく出ないというのです。

 

誰でもできることではありませんが、まさに花粉症で悩んでいる人には天国と地獄の話のようです。

 

地域的ではなく、花粉症になりやすい人で、アレルギー体質や抗体を作りやすいも含まれます。
血縁者で花粉症の方がいる場合もなりやすいようです。

 

お仕事が常に外という方も花粉症になりやすいのですが、こればかりは仕方のないことです。
と言っても、花粉症の時期は本当に辛いとおもいます。

 

花粉症のなりやすい人は、とにかく早めに医師に相談をすることと、日頃から花粉症になりにくいと言われる食べ物を食べたり、免疫機能を上げるために、健康増進に心がけるなどして、花粉症に立ち向かうしかないでしょう。

 

引越し…、これが出来れば、という方も多いですが、可能であればご検討を上げるために…。

 

というのも難しい話なので花粉症になりやすい人は対処法を色々と勉強していきましょう。

花粉症と布団の関係

花粉症の方にとって、布団は唯一安心できる場所であってほしいものです。

 

しかし、布団を干すということになると、事情は大きく変わってきます。

 

花粉症の時だけは、布団を干さない選択もありますが、何となく湿気があって…と思う事もあるでしょう。

 

晴れた日ほど、花粉は飛散していますが、布団を干すのには絶好のチャンスです。

 

どうしても、花粉症で布団を干してしまった場合は、取り入れの時にしっかりと花粉を落としてください。

 

このときに強くたたくのではなく、布団の表面を撫でるように花粉を落とすのがコツ。
パンパンはかえって逆効果でしょう。
しかし、それだけではダメです。

 

次に部屋に入れたのなら、今度は掃除機をかけます、布団に。

 

このときに注意したいのは、掃除機は空気を出しますから、花粉が部屋の中を撒き散らすことになります。

 

ですから、取り入れの時に丁寧に花粉を落とすことと、掃除機をかけるときには、必ずマスクをつけてください。

 

そして、完全に掃除機をかけ終わったら、再び拭き掃除を行えば、かなりの花粉の量はなくなっているはずです。

 

これでふかふかの布団で、花粉症で悩んでいる人は花粉の心配もなく眠ることができるでしょう。

 

サイトマップ